12月議会で取り上げた質問 「障害者が安心して暮らせるまちづくりについて」

12月定例会一般質問より
 @ 障害者が外出時に緊急事態の支援をもとめる体制づくりにヘルプカードの導入を考えては?
 A 手話で日常会話のできる方を増やすための取り組みは?
 B ユニバーサルデザインに配慮した環境整備。
   市有施設の多目的トイレの設置とバリアフリー化の現状は?
参考資料 東京都統一デザイン    youtu.beヘルプカードって知っていますか?(字幕あり)

コミュニケーション支援ボードの導入について

質問
 言葉によるコミュニケーションに困難のある知的障害や聴覚障害のある方が地域で 生活するうえでコミュニケーションのバリアをなくすことを目指して作成されたもので、 話し言葉のかわりに絵を用いてコミュニケーションを図ることができるもの。市窓口や 災害が起きたときの避難所においても活用していくことを考えては?

参考資料 目黒区

成年後見制度とは?

認知症,知的障害,精神障害などの理由で 判断能力の不十分な方々が,不利益を受け ることがないように、親族等が家庭裁判所 に申し立て、成年後見人等をつけてもらい、 本人を援助する制度です。 福井市では、身寄りがなく親族等の身近な人が後見人の申し立てをすることが できない場合、替わって市で申し立てを行うこと、その申し立て費用を助成し、 後見人への報酬費用を、市が負担する成年後見制度利用支援制度を平成12年 4月より実施しています。

相談窓口
身寄りのない65歳未満の方と知的障害者の方 障害福祉課 電話0776-20-5435
身寄りのない65歳以上の方             長寿福祉課 電話0776-20-5400

24時間対応の定期巡回・随時対応サービスについて

重度者を初めとした要介護高齢者の在宅生活を支えるため、日中・夜間を 通じて訪問介護と訪問看護を一体的に、又はそれぞれが密接に連携しな がら、定期巡回型訪問と随時の対応を行う「定期巡回・随時対応型訪問介護看護」を整備します。
在宅介護の充実に向けて、福井市が今年度より導入!

政策の進捗状況